高周波による若返り

顔を触る女性

美容クリニックなどで治療に用いられるサーマクールは、しわやたるみなどの治療に最適な美容マシーンです。一般的な光照射やレーザーよりも強いラジオ波を照射することから、高性能な美容マシーンとして注目されています。そのため、今後の需要も高まる傾向にあります。

たくさんの選択肢

中年女性

シミ予防の対策は多くの女性がしていますが、それでもシミは出来てしまいます。出来てしまったシミを綺麗にするには、病院での治療を受ける事が重要です。ターンオーバーが遅れている場合は病院で相談と治療を受ける事も大切です。

レーザーで除去

婦人

クマは、メラニン色素の沈着や、たまった血液、下まぶたの脂肪によって生じます。これらはいずれも、美容外科でのレーザー治療で治すことができます。高熱のレーザーではないので、肌が焼けることはありませんし、むしろ活性化します。これによりターンオーバーが進み、目の下ではたるみも改善されていくのです。

理想の顔を手に入れたい

女の人

理想に近い仕上がり

フェイスリフトは老化などによる顔面のしわ・たるみを改善させるために行う施術です。しかし何といっても顔は人にとって最も重要な箇所であり、第一印象は顔で決まるといっても過言ではありません。そこでやはり失敗しないためにもフェイスリフトの知識は入れておかなくてはなりません。フェイスリフトにはいろいろな種類があり、大まかに、切る施術・糸による施術・照射による施術・注射による施術があります。人気があるのは切らない施術であるレーザー注射やボトックス注射によるものです。手軽にでき失敗によるリスクが少なく、費用も抑えることが出来るために人気があります。ただし、永久的でないという悩みもあります。出来る限り長持ちして、再手術といった結果にならないためには、きちんと皮膚の表面だけでなく筋膜から引っ張る施術が必要になります。きちんとした施術行うフェイスリフトは、結果としてよい効果を長く保つことが出来るのです。より理想に近いフェイスリフトを希望する人は、筋膜をしっかり引き上げて、なおかつ傷跡も目立たなくしてくれる切開によるフェイスリフト手術を注目しているのです。

表在性筋膜を持ち上げる

従来の、余分な皮膚を切り取ってたるみを改善するリフトでは、実は根本的な解決には至っていませんでした。皮膚にできるしわやたるみは、皮膚の下にある皮下組織や表在性筋膜がたるんで起こるものなのです。ですから、いくら表面上の皮膚だけを切り取って縮めても、すぐに元に戻ってしまいます。そこで最近では、表在性筋膜そのものを引き上げる方法がより効果を得られるとされるようになりました。また、切り口を耳の形状に合わせることにより、傷口が見えない工夫もされています。皮膚の表面だけで引っ張り上げるフェイスリフトと違い、筋膜から持ち上げることは、手術後の腫れを最小限に抑えることが出来、あとから傷跡が引っ張られて目立つようになってしまうといった失敗を避けることにもつながります。失敗やリスクを恐れて効果の低い注射や照射に頼らなくても、きちんとした施術を選択すれば、理想のフェイスリフト効果が得られるのです。